整理収納アドバイザーcopetto改めnaoのブログ

夫と4歳息子の暮らしと整理収納のあれこれを綴ります。

整理収納アドバイザー1級2次試験

こんばんは。コペットです。

三連休ですね~皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、前回の記事に続き、備忘録もかねて二次試験当日の様子を書いていきたいと思います。

 

私が受けた地区は、定員が20名(といっても1次合格者が10名なのですが)

午前と午後に分かれていて、私は早く終わらせたかったため午前を選択しました。

少し早めにつくように家を出て、会場に着くと試験官もまだ来ておらず笑

ロビーのソファで資料を読み返し、プレゼンのイメージトレーニングをしていました。

同じ場所に、多分同じ受験者であろう女性が来て同じように資料を見ていましたが

お互いちょっと目を合わせただけで、特に話さずちょっと緊張しました。

のちに、先ほどお会いしましたねとお話したんですけどね。

 

午前の受験者は5名でしたが、私以外の方は自宅以外の実践編でした。

他の受験者さんの資料がすごくよく出来ていて、かなり凹みました(;´∀`)

写真や間取り図、細かい分析と行程がまとめられていてすごく感心しました。

 

プレゼンする順番ですが、割りばしで作ったくじを引いて決めましたよ。

これは受験地でもしかしたら変わるかもしれませんね。

私は2番でしたが、不思議とそんなに緊張はしませんでした。

試験官と受験者に自分の資料を配って、合図をしたら試験官の方が時間を計り始めます。

一人持ち時間は20分です。5分前になると合図をしてくれます。

早口にならないように気を付けたのですが、思ったより少し早めに終わってしまったので、ちょっと心配です。

あまり早口にならないよう、15分程度に収めて練習すると良いかもしれませんね。

 

他の方の資料をみて、プレゼン資料はやはり自宅以外のほうがいいな~と感じました。

自身は自宅の共有場所だったのですが、やはり自身の整理という風に取られないか

ちょっぴり不安を感じています(-_-;)

友人何人かにお願いしたのですが、みんな家族の理解が得られず断念したので。

共有の場所の整理をする場合は、必ず家族からのヒアリングをきっちりとしたほうがいいんじゃないかなと思います。

 

私は夫と息子に話を聞いて、整理収納のステップを使って順序立てて、資料と写真を交えながらわかりやすく書いたつもりです。

発表する際は資料に載ってない補足なども交えながら、リラックスしてお話しできたりと和やかな雰囲気でみなさんもよく聞いてくださいました。

発表を聞いてる間は、ただ聞いてるだけじゃなくて評価シートの書き込みもあるので

しっかり聞いて、コメント書いたり結構忙しいですよ笑

 

最後に受験してみて、みなさんよく勉強してるし時間かけて作ったんだろうなというのをとても感じました。

そして整理収納を通して、誰かの役に立てることが一番嬉しかったと書いている方が多かった事です。

 

これから2次試験受ける方、しっかりと資料を作って、自信をもってプレゼンに挑んでくださいね!

 

私も合格するかどうかはわかりませんが、やり切ったので悔いはないです。

結果は2か月後。ドキドキ、わくわくです。

 

 どなたの参考になればいいですね(^^♪